豊富にある!?クラウドを活用したタイムレコーダー

ルーチンワークを効率化できるタイムレコーダー

日常の業務でルーチン化してしまっている作業が増えてしまって、本業に専念できないという経験は誰にでもあることですよね。特に勤怠管理などの記録や計算に関しては毎日行う必要がありますし、残業や時差出勤などをしてしまうと計算も煩雑になってきますので、それだけで作業時間が奪われてしまうという結果になってしまうのです。こうしたルーチンワークを効率化するために活用されるようになっているのがクラウドシステムと連携しているタイムレコーダーです。

クラウド対応のタイムレコーダーは低コスト

新しく勤怠管理システムを導入しようと考えた場合に、従来までの方法ですと膨大な費用が掛かってしまうというネックがあったと思います。しかし最近ではクラウドシステムと連携しているタイムレコーダーも登場するようになっておりますので、低コストで最新の勤怠システムを導入することが可能になっているのです。システムによっては無償で提供されているものもありますので、できるだけ新システムの導入でコストを削減したいという方はこうしたサービスを活用するのも良いでしょう。

リアルタイムで勤怠管理ができるタイムレコーダー

今までの勤怠管理では締日になって初めてデータを収集できるということでリアルタイムで勤務時間の管理ができなかったことで、経営者の方などが労務管理をする際に迅速に対応できないというリスクがあったと思います。しかしクラウド対応のタイムレコーダーであれば、常に最新の勤務状況をデータで確認することができますので、残業時間の管理も効率的に実施することができるのです。さらに給与計算なども自動処理できますので、締日の処理もスムーズに完了できるというメリットがあるのです。

タイムレコーダーの主要目的は労働者の勤務や就業の管理をする為です。扱いやすい種類は従来型の紙に印字するタイムカード、その他、ICカードや指紋・指静脈などの生体認証を用いるシステムもあります。